So-net無料ブログ作成

亀田大毅が反則した相手は内藤大助 [テレビ番組]

亀田大毅さんがしくじり先生に出演。
「調子に乗って国民から嫌われちゃった先生」として登場

スポーサーリンク





世紀の大反則として有名なのが世界王者をかけて相手を投げ飛ばすという大失態を犯している
その相手が内藤大助さん

簡単に勝てるようなことを豪語して、実際に試合になったら
内藤大助さんの方が上手で優勢で勝てないとイライラしたのか
12ラウンドにボクシングでは考えられない投げ飛ばすという行為をしたんです。

その後内藤大助さんは大人気になっていきます。
その後、内藤大助さんに対して謝罪をしていたというのは
あまりニュースにはなっていませんでしたけど。

亀田大毅さんと言えば、亀田3兄弟として常に世間を騒がせてきました。

生意気なビックマウス

長男の亀田興毅さん、次男の亀田大毅さんは特にそうでした。
でも、お二人ともボクシングのセンス、一番うまいのは
三男の亀田和毅さんだと豪語していました。

その三男の亀田和毅さんはメディアの露出は兄ほどではなく
メキシコに渡ったりしてボクシングに徹しています。
兄二人が守っていたって感じがしてならないのは私だけでしょうか。

現在もボクサーとして頑張っていますね、昨年メキシコ人の元ボクサーの女性と結婚して
ますますの活躍を期待します。

三人兄弟では真ん中がちょっといじけてしまうところがありますよね。
気は一番強いし、負けず嫌いも次男は多い
それに才能が伴えば、一流と言われる人になるんでしょうが、
彼は、ボクシングの才能は他の兄弟よりはない、ボクシングはあまり好きではないと
自覚していたのだから、それはそれで、大変だったのでしょう。

現役当時、生意気なキャラだった亀田兄弟でしたけど、
島田紳助さんはよく、「本当は心優しい、素直なちゃんとした子なんだよ」
と言ってたのが記憶に残っています。

そーなんだ、アレはキャラとして演じている?
求められるから続けなくてはと思ってやっているところもあるんだなと
ちょっと思い直したのを覚えています。

以前にしくじり先生に出演したゆうこりんの
ウソを付いているのが段々苦しくなってきた。
一度ウソを付くとそれを守るためにウソの上塗りをしていって
自分でもわからなくなっていってしまったと。

後に引けなくなっちゃうんでしょうね。

生意気盛りな若者は特にそうなってしまうのかも
インタビュアーもそれを引き出そうとしますしねぇ。

スポーサーリンク





でも、自分でも「調子に乗りすぎていた」って言っているから
調子に乗っていたんでしょうねぇ
現在はちゃんと敬語も使えるし、ちゃんとした大人になったんでしょう。


そして、引退後に、収入がなくコンビニでバイトをしていたってウワサも流れました。
それは
知り合いに頼まれてコンビニのオープン時にお手伝いをしたというのが
事実のようです。
それが、コンビニ店員になった、お金に困ってコンビニにバイトしているって
ことになっちゃうんだから
ウワサってホントに怖い!

これって、亀田兄弟でなくても、実際、自分たちの周りでもあることです。
「人の口に戸は立てられぬ」ってことわざもあります。
悪いイメージがあるとそんな風になっていってしまうんですね。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。