So-net無料ブログ作成

100メートル予選 ボルトの隣は多田修平が。サニブラウン、ケンブリッジ飛鳥、予選通過は [スポーツ]

世界陸上、ロンドン大会。
ウサイン・ボルトはこの大会で現役引退を決めている。

そのウサイン・ボルトが出場する100メートルの予選が行われた。

スポーサーリンク





日本人の出場は3人。
多田修平、ケンブリッジ飛鳥、サニブラウン。

予選は6組。

各組上位3位とその他タイムで上位6人が準決勝に進出できる。

ボルトは予選6組に出場。
5レーン、その隣の6レーンには、多田修平が。

ボルトの隣で走れるとは、なんてラッキーだろう。
陸上をやっているものなら夢見る場所だろう。


そして、結果は多田修平は4着
ケンブリッジ飛鳥も4着
サニブラウンは1着でゴール。

タイム上位6人に多田修平とケンブリッジ飛鳥は通過した。

日本人が3人出場して3人とも準決勝に残ったのは
過去初めてのことだそう。

9秒台に近いと言われた山縣涼太、桐生祥秀は代表から
落ちてしまっている。
日本代表になることも今はとても難しい。
それだけ、レベル上がっているとわかる。

明日は準決勝、ボルトが走るのはあと2回。
是非とも一緒に走って欲しい。

多田修平は中学生の時にウサイン・ボルトの9秒58とテレビで見ていた
と言っている。

いつかこんな世界の選手と一緒に走れるといいなと思ったそう。
中学性、高校生とそんなにタイムが上がらず。

大学生になってから伸びた選手。

夢見たことが現実になるって
また、この人が証明してくれた。

強く願えば叶うって
できないことはないって
ウサイン・ボルトも言っている


このロンドン世界陸上を見ている子供たちの中で
夢見て、東京オリンピックで叶えてくれる子が
きっと出てくるのだろう

スポーサーリンク







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。