So-net無料ブログ作成

松田聖子の夫K氏とは?歯のIPS細胞治療で世界から認められる? [芸能人]

松田聖子の夫K氏とは?歯のIPS細胞治療で世界から認められる?

松田聖子さんの夫K氏の話題が最近ニュースで取り沙汰されている。
2017年7月のコンサートの終盤で椅子に座って歌うというアクシデントがあり、
転んでケガをしたと理由を言ってた
その後、治療のためにシンガポールへ向かった時も夫のK氏が車椅子を
押して、二人で仲良く出かけたのを撮られている。

献身的な夫で、仲睦まじいだと。

そんな夫K氏が松田聖子さんの夫としてではなく
歯科医師としてIPS細胞の研究が世界で注目されていると
ニュースになっている。

スポーサーリンク





慶應義塾大学医学部准教授のK氏(54)は名前は河奈裕正(かわなひろまさ)さん
ニュースでは一般人なのでK氏となっていますが、
ネットでは顔の写真も出ている。

その河奈氏の研究が世界で注目されている。

女性自身によると

研究者として画期的な治療の取り組んでいる 「大学病院の歯科・口腔外科診療科で副部長であるK先生の専門分野は、 インプラント再建治療です。インプラント手術の成功率は極めて高くなっていますが、 神経損傷などの併発症も起きる可能性があります。 専門医としてこれまで神経再生の研究をしてきたK先生が注目したのは、iPS細胞。 K先生は『iPS細胞を使って、損傷した神経細胞を再建できないか』と考えたのです」 (医学部関係者) iPS細胞は、京都大学の山中伸弥教授(54)が作成した“万能細胞”。 山中教授はこの研究成果が認められ、12年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。 この細胞はさまざまな組織や臓器の細胞へとほぼ無限に成長する能力をもつため、 再生医療の分野で期待されている。   「下歯槽神経の麻痺は、下あごの骨を削ってインプラントの埋め込みをする際に多く起きています。 K先生は京都大学からiPS細胞の提供を受け、この抹消神経の再生にの研究へ本格的に取り組み始めました。 15年4月から18年3月まで、科研費(科学研究費助成事業)から約500万円の助成金を 交付されることになっているそうです」(前出・医学部関係者)   そんなK氏の研究努力は、少しずつ実を結び始めていた。   「K先生は『当初の計画以上に進展している』という前向きな中間報告書を出していて、 院内でもかなり期待も高まっています。 彼はiPSを神経堤細胞へと誘導するステップと、そこから下歯槽神経に 分化する方法の構築までは、すでに成功しています。 次のステップとしてはより実践段階へ。来年3月までに損傷した歯槽神経に移植治療を実行し、 そこから末梢神経組織が再生されるのかを解析していくことになるでしょう」 (前出・医学部関係者)   夫婦で高め合っている聖子とK氏。結婚から丸5年。夫の“沙也加開花”に聖子も感無量なことだろう――。


スポーサーリンク






3度目の結婚の河奈さんとは5年、仲は良いそう。
逆に実母とはあまりうまくいっていないとも噂もある。

それが娘の神田沙也加さんとの仲が良くないことに繋がっているとか
神田沙也加さんは完全なる「おばあちゃん子」は有名。
忙しいお母さんだったから、育ての親はおばあちゃんだろう。

K氏とは、略奪愛だと言われている、聖子さんからアプローチ、その時に
Kさんには妻とお子さんがいた、その後離婚して聖子さんと結婚したと報道されている。

実家とうまくいっていないなら夫との仲はよいに決まっているだろう。


2度目の旦那さんも聖子さんからアプローチしたと
「ビビッと来た!」と
当時、話題の言葉になった。
離婚後1年で結婚、交際期間はわずか2ヶ月、
彼も歯科医師。「波多野浩之」さん
口の中を見せると心も奪われるのか。
結婚生活は2年半で終わっている。

初めの結婚は神田沙也加さんのお父さん、
「神田正輝」さん。
沙也加さんはデビューした時は「SAYAKA」と
聖子さんが付けた芸名を使っていた。

その後、母との確執が噂されるようになったのは
本名の「神田沙也加」に改名したこともあるだろう。

一時期は週6日アルバイトをして生活していたこともある
苦労人で努力家の沙也加さん。
甘やかさなかった聖子さんに避難が上がったこともあったが
自立して立派な女優さん。

若い人は神田沙也加さんのお母さんが松田聖子さんと
知らない人も増えているとか。

沙也加さんが生まれて1年半くらいで英語のために
単身アメリカ留学している。
その時にも、ハンサムな年下の外国人の男性と恋仲になったと
写真誌に撮られている。
完全な不倫だが、旦那さんの不倫を知ったからという理由だそう。


結婚前の聖子さんも恋多きアイドルだった。
子供のころからファンだったという郷ひろみさんとの交際も有名。

結婚すると言われていたが破局。
破局会見もして、「生まれ変わったら、一緒になろうね」と別れたと
この言葉も当時話題になった。

ちなみに郷ひろみさんとの交際の前には
「田原俊彦」さんとの熱愛も報道されていた。

彼女ほと自分の気持ちに正直に
そして、イメージしたことを実行して成功している人は少ない。

もちろん、努力も相当しているけれど
自分が幸せなイメージを常に持って、
仕事もプライベートも充実していて、見習いたい限りである。


スポーサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。