So-net無料ブログ作成
検索選択

竹島叶実容疑者 逮捕 だれでもいいから刺そうと思った、孫に刺された祖父母 [ニュース]

竹島叶実容疑者 26歳 無職

祖父母と母と4人暮らし。神戸市北区有野町有野
神戸電鉄三田線岡場駅の南約650メートルの静かな住宅地

「自宅にある包丁で誰でいいから刺そうと思った」と竹島叶実容疑者


16日午前6時20分ごろ、南部達夫さん(83)方から「誰か助けに来てくれ」
と110番があり、兵庫県警有馬署員が駆けつけたところ、
玄関先で南部さんが血を流して倒れており、後に死亡。
室内では妻の観雪(みゆき)さん(83)の死亡が確認

約50メートル離れた駐車場で近くに住む無職、辻やゑ子さん(79)が死亡していた
路上などでも夫婦の娘(52)や近隣の無職の女性(65)が重傷を負っていた。

3人死亡、2人重症という事件。

その後現場から約250メートル離れた有間神社で、血のついた包丁と
金属バットを持った竹島容疑者を署員が発見し、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕。
殺人容疑でも竹島容疑者の逮捕状を請求する方針。

祖父の南部達夫さんは消防署の署長を勤め定年退職しており、
人柄もよく、夫婦仲も良かったと近所の人の評判

竹島叶実容疑者も中学時代は優等生で有名進学高校に入学したと中学時代の同級生は
語っている。


近年は親族間の事件の割合は増加傾向にあるとか
動機は「将来を悲観」や「不仲・トラブル」が多いとか
被害者と加害者の約8割が同居していたと統計も出ている。


金銭トラブルも多い、
26歳で無職で自宅にいるわけだから、祖父母と顔を合わすことも多く、
祖父は働かない孫に対して、何かを言っていたことも考えられる。

優等生だった、容疑者に何があったのか、
両親を一遍に亡くし、加害者が自分の息子というたった一人残された
母親の立場を考えると何とも言えない事件だ。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0