So-net無料ブログ作成
検索選択

森田正光は気象予報士なのに天気が好きではないとしくじり先生で告白 [テレビ番組]

森田正光は気象予報士なのに天気が好きではないとしくじり先生で告白

森田正光さんは日本の気象予報士として有名な方です。
日本の天気キャスターを確率した一人者と言える人と言えるのでしょうか。

スポーサーリンク





そんな森田正光さんが6月18日の「しくじり先生」に出演するのです。
何をしくじってしまったのでしょうか。。。


株式会社ウェザーマップを設立して代表取締役を勤めている
24時間お天気のことを考えていると思っていたら。。

はじめはお天気なんて興味が全くなく、責任感をもって仕事をしていなかったそうです。
何の興味もなかった学生時代に就職の相談で先生に
「気象協会が人をいるみたいよ」
と言われて
「じゃあ、そこでいいっか」と
そもそも森田正光さんが天気予報の仕事を始めた時は気象予報士なんて国家資格はなかった。。

気象予報士の第1回試験は、1994年8月28日です。
その頃には森田正光さんはお天気のお兄さん?として有名でした。
1993年の気象業務法改正によって資格がないと天気予報ができなくなってしまうようになったのです。

まずのしくじりは気象協会の
ラジオ放送事故を3回起こして、出演禁止になってしまった。
ラジオ放送においてあってはならない1分間の無音放送を
3回も起こしてしまったのだそうです。

それはすべて責任感のなさから繰り返してい待ったと森田さんは言っています。

失敗は人間だから時にはする。(そもそも責任感のある人はこんな失敗はしないと
森田さんは言っていましたが)
でも、ちゃんと反省して責任感があれば同じ失敗はしない。と思うそうです。

スポーサーリンク






今回森田正光さんがしくじり先生で一番言いたいことは

「明日は明日」
一日、一日を積み重ねていくことが大切。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました