So-net無料ブログ作成
検索選択

乾貴士(いぬいたかし)の海外の反応は?キリンチャレンジカップ ドリブルの凄さと活躍 [スポーツ]

乾貴士選手(いぬいたかし)の海外の反応では、「日本のメッシ」とも言われている。

現在、乾選手はスペイン、リーガエスパニョーラのSDエイバルに所属している。


リーガエスパニョーラとは日本で言うJリーグのことで
スペインのプロサッカーリーグのことですね。

そこで最終節の対バルセロナ戦で2点も点を取ったと大きく報道されました。
あのバルセロナ相手に日本人が得点するなんてしかも2点も。

バルセロナはメッシやネイマール、スアレスの大スター揃い

その相手に2点も取ったというのですからすごいんです。

スポーサーリンク


2007年、高校を卒業した乾選手は横浜Fマリノスの入団。 この頃はマリノスは黄金時代だったんですね、 中々レギュラーを取れませんでした。 この頃は、この選手は他のチームだったら、即レギュラークラスなのに とよく言われてました。 そして、出場機会を求めて、2008年6月からJ2だったセレッソ大阪へ期限付き移籍します。 そこで、香川真司選手と気の合ったプレイをします。 きっと楽しかったでしょうね。 でもJ1には昇格できませんでした。 次の年2009年にセレッソ大阪の一部昇格を決めます。 2011年8月1日 ドイツ2部のVfLボーフムに完全移籍 3年契約で、ボーフム側に1年の延長オプション付き 8月12日のFCザンクトパウリ戦にトップ下で先発出場 リーグ戦30試合に出場、でも1部昇格を逃す。 2012年6月25日、ドイツ1部に1年ぶりに昇格するアイントラハト・フランクフルトへの完全移籍 ここでは大活躍、 2015年まだ所属します。 そして、いよいよ、リーガエスパニョーラへ移籍となるわけですね。 2015年8月27日、リーガ・エスパニョーラのSDエイバルへ完全移籍 サッカー選手だったら、絶対プレイしたい場所でしょう。 夢がとうとう叶うわけです。 日本を飛び出してから、4年で掴んだわけです。 2017年の最終節、スター軍団のバルセロナ相手に2点を挙げました。 そしてメディアなどで 「日本のメッシ」と言われるようになりました。 日本代表歴はというと 2009年1月20日、アジアカップ・カタール大会の予選でA代表デビュー。 2013年 - FIFAコンフェデレーションズカップ2013 2014年11月14日、約1年ぶりの代表復帰となったキリンチャレンジカップ・ホンジュラス戦で代表初得点 2015年 - AFCアジアカップ2015 「日本のメッシ」と海外で言われるのが納得できる 今日の、キリンチャレンジカップでしたね。  相手を抜くドリブル。 ロングパスを受けるときのトラップの正確さ 味方を活かす意表をついたスルーパス。 「天才だ~」と感じました。 ワールドカップにいける23人に入るでしょうか? 実力は確実にあるのに、チームでもレギュラーになれなかったり 代表のレギュラーも定着しなかったりとちょっと運が悪い?のかなぁ。 だからこそ、目が離せない選手です。 スポーサーリンク
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0